TDK Electronics

フィルムコンデンサ

2021年4月13日

最高動作温度が125℃のX2フィルムコンデンサ

 Teaser_ja

TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、EMI抑止用の新しい金属化ポリプロピレンフィルムコンデンサ MKP-X2 B3292P/Qシリーズを開発、販売開始します。

従来のX2コンデンサでは最高動作温度は110℃でしたが、新製品は125℃までの動作が可能になります。定格電圧は3005Vac、静電容量範囲は0.033μFから5.6µFの範囲で製品化いたします。さらにリード線間隔は15、22.5と27.5(mm)の製品サイズをご利用いただけます。充填樹脂材料はUL94 V-0に対応です。

本シリーズのコンデンサはUL及びENによる国際安全規格を取得し、さらにAEC-Q200に準拠しています。環境試験特性として240Vac通電下において85℃x85%RH、500時間となるTHB試験規格(IEC 60384-14 2013規格/AMD1:2016)を満たします。

この新しいX2コンデンサは、高温下かつより過酷な環境状況下での動作が必要な車載用途でのEMI抑制に最適です。

主な用途

  • 高温及び過酷な環境状況下での動作が求められる車載用途でのEMI抑制

主な特長および利点

  • 最高使用温度は125degC
  • 0.033μFから5.6uFまで製品化
  • 国際安全規格UL、EN取得済、AEC-Q200準拠