私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。

TDK TDK Electronics

CeraCharge™

[---Image_alt---] CeraChargeImage

充放電可能なSMD タイプの固体電池

主な特徴と利益
  • コンパクトなEIA 1812 パッケージサイズ
  • -20 °C ~ +80 °C の広い温度範囲
  • 最大 1000 回の充放電サイクル
  • リフローソルダリング技術を使う簡単な配置と加工
  • 液体電解質の火災、爆発、あるいは漏れの危険を除外する固体セラミック電解質
可能なアプリケーション
  • IoT 装置
  • リアルタイムクロック
  • Bluetooth ビーコン
  • 環境発電用システム

簡単なちょっとした機械装置から産業用IoT のための複雑な装置まで-それらはすべてコンパクトで、信頼性があり、非常に安全な電源を要します。これらの要求すべてを満たすために、TDK は世界初の充放電可能なSMD タイプの固体電池 、CeraCharge™ を開発しました。

今日の生活は、幅広い多様な技術を使う、広く異なった容量を持つ電池と蓄電池がなければ想像できないことでしょう。 

[---Image_alt---] BatteryTechnology



すべての面におけるモノのインターネットは、将来、新しい超低電力半導体とセンサの要件にぴったり合った何十億もの特殊な電源が必要です。これらの装置は、外部電源に依存せず、環境発電技術を使って、何年間も機能しなければなりません。エネルギー貯蔵媒体に対してなされるこの要求は、次のとおりです。小さい寸法、充放電が可能、本質的な安全、組み立てが容易、低コストで高耐用性。これらの要件のすべてを現在利用可能な技術を使って同時に満たすことはできません。多くのアプリケーションに対して、TDK CeraCharge は今、このジレンマから脱出する方法を提供します。これは大部分の普通の技術とは異なり、そこを通してリチウムイオンが充電または放電中に動く液体電解質を使用しない、固体の充放電が可能な電池を伴う技術です。CeraChargeはMLCC(多層セラミックコンデンサ) に似た多層技術に基づいています。

技術データ

CeraCharge 1812

公称電圧[V]1.4
動作電圧[Vop]0 に 1.6
公称容量[µAh]100±20
公称放電電流[µA]20
動作温度[°C]-20 に +80
パッケージサイズ[EIA]1812
寸法[mm]4.4 x 3.0 x 1.1
初期内部抵抗[Ω]< 200
重量[g]0.04


[---Image_alt---] DischargeCurve

[---Image_alt---] PulsePower



連絡を取る