TDK TDK Electronics

低温プラズマ技術

概説

[---Image_alt---] Plasma Technology Intro-Bild

今日、重要な多分野にまたがる技術としてのプラズマの使用は多くの産業において最新の技術標準になり、ダイナミックな拡張をとげています。応用は数ワットから1000ワット以上の範囲まであり、すべての産業にまたがっています。

単一部品の中の圧電ベースのプラズマ発生装置、CeraPlas™ 素子によって、TDKは低電力応用での使用に適した画期的な新しいプラズマ源(オゾン発生器、イオン化装置)を開発しました。 CeraPlas 技術によって小型の手持ち冷プラズマシステムが可能になり、これは電池で運転することができます。

2018年4月から TDK のグループ会社であるRelyon Plasma は、プラズマ源としてCeraPlasを使用するか、あるいはその専有のPAA (Pulsed Atmospheric Arc) (パルス常圧アーク)技術を使用して、完全なプラズマシステムの設計に専門化しています。

製品