私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。

TDK TDK Electronics

China RoHS II

電気・電子製品の廃棄物により引き起こされる環境汚染を管理し、減少させる目的のための中国の法令

2016年1月21日に、「電子情報製品により引き起こされる汚染の管理に関する行政」という法律 (ACPEIP または China RoHS I) が「電気・電子製品の中の有害物質の使用制限に対する管理方法」(翻訳)という公式な題名の新しい規制に置き換えられました。この法律はChina RoHS II として知られ、2016年7月1日にに施行されました。

本法律はChina RoHSの製品範囲を「電子情報製品」(EIP) から「電気・電子製品」(EEP) に拡張しました。特に、China RoHS IIの範囲は次をカバーしています:

  • 適切に作用するために電流、あるいは電磁場に依存する装置と補助製品
  • そのような電流や電磁場の生成、転送、測定のための装置、そして
  • 発電、送電、配電のために使用される装置を除いて、交流電流に対しては1000 V未満の定格電圧、直流電流に対しては1500 V未満の定格電圧による使用のために設計された装置。

さらに、制限された物質のリストが拡張され、「国によって定められた有害物質」を含んでいます。すべての申告すべき、あるいは禁止された物質はChina RoHS Iから採用されました。それらの制限は、EU 規制 2011/65 / EU (RoHS II)、添付 IIの中であげられた同じ物質の制限に従い、応じています:

  • カドミウム (Cd) とその化合物:0.01%
  • 水銀 (Hg) とその化合物:0.1%
  • 鉛 (Pb) とその化合物:0.1%
  • 六価クロム (Cr(VI)) とその化合物:0.1%
  • ポリ臭化ビフェニル (PBB):0.1 %;
  • ポリ臭化ジフェニルエーテル (PBDE):0.1 %

China RoHS II は、China RoHS II の範囲に入るすべての電気・電子製品に、EEP表示に対する中国規格SJ/T 11364-2014に規定されているように、次の2つのロゴのどちらかで印をつけることを要求しています。どちらのロゴを選ぶかは、製品がそれぞれの閾値を超える有害物質を含んでいるかどうかによります。次の条件が満たされる場合、ロゴは製品の上に直接表示する必要はありません:

  • ラベルをつける製品の表面が5000 mm2より小さい、
  • 製品の形状が例外的である、あるいは
  • 印をつけることによって、機能が妨害される。

そのような場合は、この情報は異なった形で提供される必要があります。

SJ/T 11354-2014に基づく表示:

[---Image_alt---] China_RoHS_gruen

ロゴ 1:この製品は有害物質を含んでおらず、リサイクル可能である。

[---Image_alt---] China_RoHS_orange

ロゴ 2:この製品は少なくとも1つの有害物質を含んでいるが、その環境保護使用期間 (EPUP) 中に安全に使用することができ、それは中央の番号によって表示されているとおりである。定義されたEPUPの後、製品はリサイクルするか、適切に廃棄しなければならない。

製造者は、制限された、あるいは申告すべき物質を含む製品についての関連情報を提供することが求められています。影響を受けたEPCOS 製品についての情報はRoHS リストをご覧ください。

経験や、受動部品に対して使用される材料の知識、及び物理的・化学的考察に基づいて、TDK エレクトロニクスグループはその製品範囲に対し、50年のEPUPを定義しました。