TDK Electronics

インダクタ

2021年10月26日

車載PoC用インダクタの開発と量産

 Bild_w_background_ja
  • 3225サイズで業界最高水準*の定格電流
  • 広帯域で高いインピーダンスを実現、-55 ~ +155℃の幅広い動作温度範囲
  • AEC-Q200準拠

TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、車載PoC (Power over Coax) 用インダクタ ADL3225VMシリーズ(L3.2mm×W2.5mm×H2.5mm)を開発し、2021年10月より量産したことを発表します。 本製品は、独自の構造設計と巻線工法を用いることにより、1~1000MHzの広帯域で高いインピーダンス特性を有しています。また、3225(L3.2mm×W2.5mm)サイズでは業界最高水準の定格電流を実現しました。

近年、先進運転支援システム(ADAS)の高機能化にともないアラウンドビューカメラやフロントセンシングカメラ等の各種ECU(電子制御ユニット)が増加し、高速インタフェースのニーズが高まっています。車載カメラから制御基板への映像信号の伝送はLVDS(最大伝送速度1.5Gbps)が導入されていますが、1本の同軸ケーブルで信号伝送と電源供給を重畳するPoC化が進んでいます。ADL3225VMは、信号電流と電源電流を分離するブロッキングコイルとして機能し、その特性によりPoCの大電流化に貢献します。

今後は、さらに高速大容量伝送のニーズに対応したラインアップの拡充を図り、多種多様な車載用機器設計へ対応していきます。

* 2021年10月現在、TDK調べ

用語集

  • PoC(Power over Coax):同軸ケーブル1本で信号および電源を重畳させた伝送技術

主な用途

  • ADASのカメラシステム回路のPoC

主な特長と利点

  • L3.2×W2.5(mm)サイズで業界最高水準の定格電流を実現
  • 広帯域で高いインピーダンスの実現
  • -55 ~ +155℃の幅広い動作温度範囲に対応

主な特性

製品名

インダクタンス
[μH]
@100KHz 500mV

直流抵抗[Ω]max.

定格電流[mA]

Isat. typ.

Itemp. typ.

105℃

125℃

105℃

125℃

ADL3225VM-2R2M-TL000

2.2 ± 20%

0.18

1000

950

1220

1045

ADL3225VM-150M-TL000

15.0 ± 20%

0.40

350

310

725

625

Isat.:インダクタンス変化率に基づく場合(公称インダクタンス値に対して-30%以下 )
Itemp.:105℃:温度上昇に基づく場合 (自己発熱による温度上昇40℃ )
Itemp.:125℃:温度上昇に基づく場合 (自己発熱による温度上昇30℃ )
*基板総厚さ1mm、Cu層の厚さ70μmの単層基板で評価した場合の数値です。