TDK Electronics

種の多様性

 Biodiversity_Bühne

動植物の生存空間としてのTDK立地

オウム、ミツバチ、亀が生息し、花畑があり、オリーブの木、椰子が生える緑地帯 – TDK Electronicsの製造立地は、多数の動植物の生存空間です。それによって工場は、生態系の維持に貢献しています。

生物多様性とは、動植物とその生存空間の多様性を意味しています。生物多様性の保護は、TDKグループの環境対策の中で主要行動領域として、しっかりと根づいています。TDK Electronicsでは長年、多数の立地が、自然に近い生存空間を創り出し、またそれを維持するために取り組んできました。


グラヴァタイ(ブラジル)

例えばブラジルのグラヴァタイ工場には、オウムを初めとする鳥類が営巣し、野生のミツバチが生息する高木の生えた広大な緑地が設けられています。このビオトープを維持するために、病気にかかり倒壊の危険性のある木々だけが切り倒され、植え替えられます。この立地の面積は、約43,000平方メートルに及びますが、その大きな部分を、この緑地帯が占めています。

 Graph 1 - Brazil Werksgelände
 Graph 2 - Brazil Nest
 Graph 3 - Brazil Ameisen
 Graph 4 - Brazil Sichler
 Graph 6 - Brazil Reiher

バタム島(インドネシア)

インドネシアで「Tree for Life(ツリー・フォー・ライフ)」をモットーにした取組みを行っているのはバタム島立地であり、ここは特に、隣接する島でのマングローブの植林を支援しています。マングローブは、海岸地域を浸食や高潮から守り、魚類、甲殻類、水鳥、哺乳動物の生息空間になっています。

 Bild Batam Menschen

 Bild Batam Mangroven


中国およびインド

多くの立地で毎年、植物キャンペーンが行われていますが、ブラジル、中国、インド、インドネシアでは特に盛んです。一部では、従業員により社会的プロジェクトに結び付けられたキャンペーンもあり、例えば子供たちと一緒に学校の敷地に、その土地に生える樹々や灌木を植えたりしています。

 Bild Pflanzaktionen


マラガ(スペイン)

スペインの地中海岸では、マラガの工場敷地においてオリーブの木、セイヨウキョウチクトウ、ハイビスカス、チャボトウジュロといった地中海性の植物が成長し、繁茂しています。

 Bild Malaga