私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。

TDK TDK Electronics

2018年11月13日

プラズマ・ジェネレータ: 低温プラズマ向け小型CeraPlas™ HF素子

[---Image_alt---] Bild_Teaser_ja

TDK株式会社(TSE:6762)は、PZT(チタン酸ジルコン酸鉛)セラミック製でプラスチックハウジングにパッケージされた小型低温プラズマ・ジェネレータ素子CeraPlas™ HFを発表します。CeraPlas HFは、サイズがわずか47.3 mm x 20 mm x 20 mmであり、リードは、はんだ付けに適しています。他に特筆すべき特徴として、軽量、低消費電力、および低入力電圧が挙げられます。CeraPlas HFは、高電圧から保護するための特別な安全対策なしに簡単にプラズマシステムに組み込むことができます。新しいプラズマ・ジェネレータは、大気圧下で、空気を含めてさまざまなガスをイオン化できます。温度は、50 °C未満に抑えられるため、熱に弱い素材でも、プラズマで処理することができます。CeraPlasは、小型で低消費電力であるため、電池駆動で携帯端末化するのに理想的な技術です。

CeraPlasには、さまざまな用途があります。たとえば、プラスチックの表面処理に使用することで、インクの濡れ性や印刷性を向上させることが出来ます。もう1つの用途は、傷口の消毒または器具や食品の殺菌です。さらに、オゾンの発生により、不快な匂いを除去できます。

TDKは、ジェネレータ本体以外にも評価キットを提供しており、この中には、CeraPlas HF素子に加え、プラズマ・ジェネレータをさまざまな環境で作動できる制御用電子部品が組み込まれています。

CeraPlas HF素子の実験室サンプルは、注文コードZ63000Z2910Z 1Z60で入手できます。評価キット(制御用電子部品込み)の注文番号は、Z63000Z2910Z 1Z61です。このキットは、CeraPlas素子を問題なく駆動させるための初期テストにおすすめします

主な用途

  • 表面の活性化(例:プラスチックの場合は印刷適性が向上)
  • 傷口の消毒、器具や食品の殺菌
  • 不快な匂いの除去

主な機能および利点

  • 小型
  • 低消費電力
  • 低入力電圧(電池駆動可能)
  • プラズマ温度:50 °C未満

製品の詳細情報は www.tdk-electronics.tdk.com/plasmaで参照できます。

 

 

TDK株式会社について

TDK株式会社(本社:東京)は、各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立されました。

主力製品は、積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、ピエゾおよび保護部品等の各種受動部品をはじめ、温度、圧力、磁気、MEMSセンサなどのセンサおよびセンサシステムがあります。さらに、磁気ヘッドや電源、二次電池などです。これらの製品ブランドとしては、TDK、EPCOS、InvenSense、Micronas、Tronics、TDK-Lambdaがあります。

アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを有し、現在、情報通信機器、コンシューマー製品、自動車、産業電子機器の分野において、電子部品のリーディングカンパニーを目指しビジネスを展開しています。2018年3月期の売上は約1兆2000億円で、従業員総数は全世界で約103,000人です。