私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。

TDK TDK Electronics

困窮している子供たちのための特別な瞬間

[---Image_alt---] WebImage_Sternstunden_Logo

私たちの幸福を少し分けてあげよう:このモットーのもとに、EPCOSは、困窮している子供たちを助けるためのSternstunden(特別な瞬間)チャリティーキャンペーンを支援するために、今年のクリスマスの寄付をします。

昨年、EPCOSはインドの小規模農家が再生エネルギーを利用するのを助けるために、20,000ユーロを寄付しました。今年、会社は主にドイツで活動している、尊敬される慈善団体を支援するために同額を提供することを選びました。バイエルン放送局と共同して、いくつかのスポンサー銀行や保険会社も同様に、バイエルン州やドイツ、また世界中の困窮している子供たちを助けることを約束しました。過去20年間、Sternstundenキャンペ-ンは病気の、身体障害者の、あるいは他の方法で援助を必要とする少年少女の生活条件を持続的に改善するために、救援プロジェクトを促進してきました。

耳と目の不自由な子供たちのための毎日の援助

これらの子供たちの特別なニーズに純粋に合った施設が活動の一つの観点です。一例は、ヴユルツブルクの「目の不自由な人々のための研究所」財団です。ここでは、カトリーンのような目と耳が不自由な子供たちが教育を受け、また世話を受けています。建物は建築後30年たっており、ぜひとも改築し、現代の教育水準に即応させる必要があります。例えば、手すりの中の小さな隆起が、すぐに角を曲がらなければならないことを意味します。同様に、一つの部屋から違う部屋への移行に印をつけるために、いくつかの場合には、異なった床のカバーが必要です。子供たちが自分の能力の範囲でうまく処理することを学び、恐れずに、毎日の生活をおくらなければならないのなら、多くのことがなされなければなりません。「子供たちが教えられ、勇気づけられることが多ければ多いほど、彼らの周囲との接触はより集中したものになり、また彼らの周りの世界のことをより多く理解することができます」と、Sternstunden慈善事業の創始者であり理事長のトーマス・ヤンジングは説明します。

集中看護ケアを必要とする人々のための避難場所

もう一つのプロジェクトは、ミュンヘンにある集中看護ケアを必要とする慢性の呼吸器疾患をもつ子供たちのためのホームです。この施設は、ファビアンのような絶え間ない痛みと呼吸困難に悩み、医療機器に依存しており、そのために自宅では世話を受けることができない子供たちを助けます。彼らは、自分の家族との「普通の生活」を経験することがまれで、安心できる、居心地の良い「巣」がないことが、多くの身体的な症状を引き起こす可能性があります。子供たちは普通よりもずっと感染しやすく、年齢に応じた発育をしないか、あるいは、通常の割合で体重が増えません。現在計画されているホームは、幼児から小学生までの18人の子供たちを収容する予定です。子供たちはグループ生活をし、普通の家族生活に近づこうとする規則的な日課が与えられます。これにより、彼らは、信頼を得、家庭があること、安心できる避難場所があることがどういうことかを経験できるようになります。

[---Image_alt---] WebImage_Bild2
[---Image_alt---] WebImage_Bild3

動物が治癒プロセスを助ける

動物を関係させる治療方法もまた、慢性の病気や重度の身体障害がある子供たちを助けることができます。子供たちは信頼の中で育ち、馬やポニー、アルパカ、犬、ウサギと交流するとき、自身の体に対する感覚をより良くつかむことができます。特に乗馬は、これらの病気や障害をもった子供たちに純粋な喜びの瞬間を与えます。それは、新鮮な発達を刺激することができる重要な経験です。治療提供の範囲をさらに拡大するために、新しい「動物介在療法・教育センター」が今、アウグスブルクで具体化されています。センターは、"Bunter Kreis"(カラフルな円)協会により運営され、そこでは音楽やアートセラピー、体験教育も提供しています。