私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。

TDK TDK Electronics

2019年5月14日

ハプティクス技術でのBoréas社との提携について

[---Image_alt---] Teaser_LG

TDK 株式会社(社長:石黒 成直、以下TDK)は、子会社である TDK エレクトロニクス(社長:Joachim Zichlarz)が、超低消費電力のハプティクス技術を開発しているBoréas Technologies Inc. (本社:カナダケベック州、以下Boréas)とピエゾハプティック製品の設計、マーケティングに関する提携契約を締結し、広範な用途においてピエゾハプティック製品の採用を加速させていくことを発表します。本契約に基づき、両社は共同で、TDKの触覚フィードバック機能を搭載したピエゾアクチュエータ(PowerHap™およびPiezoHapt™)とBoréasのピエゾハプティクスドライバ技術を活用し、高度なタッチレスポンスデバイスの提供を行ってまいります。

TDKとBoréasは、高解像度ピエゾハプティックシステムの触覚効果とドライバのデモンストレーターの開発、さらに、ハプティックソリューションのグローバル市場での販売に注力します。今回の提携により、スマートフォンやタブレット、自動車のディスプレイやウェアラブル機器、ゲーム機、産業用機器、医療器具など、広範な用途において世界最高レベルの性能を持つアクチュエータを用いて、高度なハプティックソリューションをお客様にご提供することが可能になります。

今回の提携で最も重要なアプリケーションの1つはモバイルとなります。消費電力が高く、ピエゾドライバのサイズが大きいため、現在、ピエゾハプティック製品は広く普及していません。TDK と Boréasの技術をベースとする新たなソリューションにより、高度なピエゾハプティック技術が広く普及し、次世代のユーザーインターフェースが創出されることになると考えています。

TDK のピエゾアンドプロテクションデバイスビジネスグループの CTOの Dr.Georg Kuegerl は「Boréasとの提携は、技術的に優れたハプティックソリューションを探しているお客様をはじめ、当社が市場を拡大するための一歩になります。当社の幅広いピエゾアクチュエータ製品と、Boréasのプロフェッショナルなドライバ設計により、お客様には大きな付加価値をご提供できるようになります」と述べています。

Boréas の CEO である Simon Chaput は「TDK との提携により、TDKが持つ大規模な販売・マーケティングのネットワークを活用することができ、ピエゾハプティクスのグローバル市場での普及を加速できるでしょう。さらに、この提携によりお客様がより早く市場に新製品を出すことができるようになるでしょう。TDKのピエゾアクチュエータとBoréasのドライバICを使用することにより、ピエゾハプティックソリューションの設計者に対しても設計時間の削減といった効果が出ると思います」と述べています。

Boréas は、自社のCapDriveTM特許技術を使用してBOS1901を開発しました。この小型かつ省電力のピエゾドライバICは、高度なセンサ機能も備えているため、 60 Vまでの動作電圧を持つPowerHapアクチュエータには最適です。このドライバは現在、高性能のタッチレスポンスソリューションの開発設計者が使用するTDKの評価キットでも利用可能です。また、次のステップとしてBoréasは、 120 Vの最大駆動電圧を持つ大型のPowerHapシリーズ向けに低消費電力のピエゾドライバICを開発する予定です。この2つのドライバICにより、PowerHapの全ての製品から高度なハプティックソリューションを得ることができます。

TDK の PowerHap ピエゾアクチュエータは、加速度、出力、応答時間において優れた性能を発揮し、過去に例のない触覚フィードバックの特性を提供します。PowerHap の製品ラインナップには、今後、新たに 9 mm x 3.75 mm x 1.4 mm という小型タイプ(0904H014V060)が加わります。PowerHapの 製品ラインナップで対極に位置付けられる新型のアクチュエータ(6005H090V120) は現在開発中であり、製品サイズは 60 mm x 5.0 mm x 9.0 mm 、最大動作電圧は 120Vです。

また、PiezoHapt™アクチュエータは極めて短い応答時間と、12 V または 24 V の低駆動電圧が特長で、積層圧電素子と振動板からなるユニモルフ構造となっています。わずか 0.35 mm の厚みの新型のハプティクス向けアクチュエータは、世界最薄クラスのハプティクス向けデバイスです。

本件ならびに先般のイマージョン社との提携により、TDKはピエゾアクチュエータ事業をさらに幅広く展開し、高度なハプティクス技術で社会に貢献していきます。