TDK Electronics

積層セラミックコンデンサ

2021年9月14日

低抵抗タイプ樹脂電極品のラインナップ拡大

 Bild_w_background_ja
  • 端子電極の一部のみを樹脂層で覆うことで、通常品と同等の低抵抗を実現
  • 3216サイズで10μF、3225サイズで22μF品を新たにラインナップ
  • AEC-Q200に準拠(車載グレード品)

TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、積層セラミックコンデンサ(以下、MLCC)で業界初となる、樹脂電極品でありながら、端子抵抗を通常品と同等に抑えた低抵抗タイプ樹脂電極品「CNシリーズ」で、3216サイズ(3.2x1.6x1.6mm)で10μF、ならびに3225サイズ(3.2x2.5x2.5mm)で22μFの製品を開発し、2021年9月より量産を開始したことを発表します。

通常、電源ラインではショートの発生を抑えることが重要であり、その対策には樹脂電極タイプのMLCCが効果的です。一方で、樹脂電極品は端子電極の抵抗がわずかながら高くなるため、損失を抑える観点からも抵抗値が低いことが求められます。

当社では、基板実装面側のみを樹脂層で覆うことで、基板たわみ応力への耐性を有しながら抵抗値の上昇を抑えた新タイプの樹脂電極品の開発に成功しました。本製品により、電源ラインで使用されるMLCCの樹脂電極品への置換が促進され、信頼性向上に貢献できるものと考えています。今回開発した新製品は当社従来品から大容量化を実現しており、MLCCの部品数削減やセットの小型化に貢献します。今後も更なるラインナップの拡充を図り、お客様のご要求へ対応してまいります。

用語集

  • 樹脂電極品:通常品の端子電極は下地電極CuとNi-Snの2層めっき構成だが、樹脂電極品は下地電極CuとNi-Snの2層めっき間に導電性樹脂を塗布した構成。
  • AEC-Q200:Automotive Electronics Councilの略。車載向け受動部品の規格。

主な用途

  • 各種車載用電子制御ユニット(ECU)の電源ラインの平滑、デカップリング用途
  • 産業用ロボット等の電源ライン

主な特長と利点

  • 当社独自の端子構造により、樹脂電極品でありながら、通常品と同等の低抵抗
  • 3216サイズで10μF、3225サイズで22μFの大容量化による部品数削減やセットの小型化
  • AEC-Q200に準拠した高信頼性(車載グレード品)

主な特性

製品名*

外形寸法
[mm]

温度特性

定格電圧
[V]

静電容量
[μF]

CNA5L1X7R1E106K

3.2 x 1.6 x 1.6

X7R

25

10

CNA6P1X7R1E226M

3.2 x 2.5 x 2.5

X7R

25

22

CNC5L1X7R1E106K

3.2 x 1.6 x 1.6

X7R

25

10

CNC6P1X7R1E226M

3.2 x 2.5 x 2.5

X7R

25

22

*CNAは車載グレード品、CNCは一般グレード品

製品の詳細情報は

https://product.tdk.com/system/files/dam/doc/product/capacitor/ceramic/mlcc/catalog/mlcc_automotive_soft_cna_ja.pdf keyboard_arrow_right

https://product.tdk.com/system/files/dam/doc/product/capacitor/ceramic/mlcc/catalog/mlcc_commercial_soft_cnc_ja.pdf keyboard_arrow_right で参照できます。