私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。

TDK TDK Electronics

癌にかかっている子供たちのための将来

食料品の寄付や無料の昼食に頼らざるを得ないミュンヘン市民がますます増えています。それに応じた援助を他の公益組織の中でもMünchner Tafel(ミュンヒナー ターフェル)が行っています。伝統的なEPCOSとTDKヨーロッパのクリスマス寄付の枠内で今年、このクラブが支援されます。

[---Image_alt---] Anstehen Lebensmittel

小売店が棚からおろした食料品に並ぶ人たち

豊かな経済、非常に優れたインフラ、卓抜した医療サービス、高い生活の質:ミュンヘンは、有名な経済雑誌、Wirtschaftswoche(ヴィルツシャフツヴォッヘ、週刊経済)やオンライン・ポータル、Immobilienscout24(インモビーリエンスカウト 24、不動産情報ポータル)のランキングによると、2016年もドイツの最高の都市です。しかしブームには裏面もあります:平均以上に高騰する生活費と、支援なしには生活できない人々の数の増大。

これらの人々を1994年以来、ミュンヒナー ターフェルは600人以上のボランティアによって助けています。毎週、彼らは申し分のない食料品を集め、これをミュンヘン市全体に散らばった27の拠点で助けを必要とする人々に渡します。さらに、クラブは青少年施設、DVシェルター、治療のための共同生活グループなど、100以上の社会施設にも食料品を供給しています。いくつかの分配拠点ではミュンヒナー ターフェルは、スポンサーの社員食堂で調理された温かい食事も提供しています。寄付金は、クラブは基本的食料品の必要な追加購入、およそ17台の配達車の維持やまた事務用品のために使います。

毎週、120,000キロの食料品が20,000人の貧困者に

年を経るに従って、貧困者の数と分配される食料品の量は増え続けています:「今では、私たちは毎週、重い運命の打撃にあって、生活の基盤を全く失ってしまった人々、シングル マザー/ファーザー、子だくさんの家庭、失業者、病人、年金生活者など、およそ20,000人の困っている人々の世話をしています」と、クラブ代表のHannelore Kiethe(ハネローレ・キーテ)は語ります。「彼らに私たちは毎週、品質的に全く問題のない、しかし、例えば包装が損傷しているために商店ではもう販売することのできない食料品を120,000キロ配っています。」貧困者はミュンヒナー ターフェルの支援に頼らざるを得ないといいます。彼らは食料品を無料で受け取ります。その前提条件は、貧困である証明が行われたら、ミュンヒナー ターフェルが発行する資格証明書です。

社会に対する責任

「ミュンヘンのこのような模範的な社会奉仕を支援することは、私たちにとって喜びであり、何よりもまず、この町に拠点を持つ企業の義務です」と慈善事業の選択、クリスマス寄付やビッグキャンペーンの経過に対するEPCOS CCの担当者、Elke Herrnbeck(エルkジェ・ヘルンベック)は言います。EPCOSはそのため、これまで数年行ってきたように、20,000ユーロの寄付金を出し、TDKヨーロッパは初めて、さらに5000ユーロを振り込みます。

[---Image_alt---] Verkauf

新鮮な果物と親切な顔が助けをさらに広げる。