私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。

TDK TDK Electronics

単純化された言語のお蔭で普通の生活

誰もが平等に扱ってもらう権利がある: 精神障害者とその家族を援助するドイツの協会、Lebenshilfe(レーベンスヒルフェ)を支援するために、20,000ユーロの寄付をするEPCOSの今年のモットーです。

[---Image_alt---] Ulla Schmidt

朗読することからあなた自身で読むことへ: Lebenshilfeのドイツの会長であり、ドイツ国会の副議長、Ulla Schmidt(ウラ・シュミット)は、読書への関心をもつように励まします。

Lebenshilfe は、心配した親や専門家によって1958年に創立されました。協会は、精神障害者が普通の生活を送るのを助けます。文章を理解する能力は、この仕事の中のきわめて重要な要素です、とLebenshilfeの副会長、Monika Haslberger(モニカ・ハスルベルガー)は説明します。「誰もが、バリアなしに、情報を得る権利を持っています。そうして初めて、人は自分の決断を下し、毎日の生活に参加できます。」しかしながら、公的な手紙、契約、新聞記事やインターネットページのような多くの文章や、またバスや電車の時刻表やレストランのメニューでさえ、特に障害のある人たちや言語才能に限りがある人たちには理解するのが難しいのです。これが、単純化された言語が役に立つところであり、EPCOSが支援する重要なLebenshilfeのプロジェクトなのです。

しかし、単純化された言語とは何でしょうか。Lebenshilfeによると、「それは短い文と簡単な語を使います。それは簡単な規則に従います。難しい文章が単純化された言語に翻訳されます。誰もが簡単な文章を理解します。」Lebenshilfeにおける規則の1つは、学習するのが困難な人たちが文章をチェックすべきだということです。彼らがどの部分が難しすぎ、改訂を必要とするかを決めます。このために、プロジェクトはチェック担当者の特別グループを形成しました。彼らは定期的に会い、単純化された言語で書かれた文章をチェックし、これらの文章がどれくらい理解しやすいかを調べます。

ピクトグラムによって読み書きを学ぶ

シンボルの意味を理解することは、読み書きに対する鍵です。保育園から職業学校まで多くの提供物を有する大きい施設、Lebenshilfeフライジング地区では、建物の至る所にピクトグラムがあります。ドアは特別なピクトグラムでマークされており、例えば、ギターやドラムは音楽室であることがわかります。ピクトグラムは、音楽の授業でも使われます。音楽療法士のFrank Aumann(フランク・アウマン)と言語療法士のSintje Kantin(シンチェ・カンティン)は、シンボルのついたタブレット・パソコンに支えられた幼稚園児のための歌を準備しました。

[---Image_alt---] Musikstunde

他の人々の解釈の代わりに、自身で決断を下す

「子供たちにとって、自分自身で決定することを学び始めることは早すぎることはありません。」とカンティンは言います。多くの人々はそれに慣れていないことも彼女は知っています。「大抵、子供たちが何を欲しているかを解釈するのは他の人々であり、この人々が子供たちのために決断を下します。」Lebenshilfeは、子供たちに彼らの決定が、施設や協会の中だけではなく、その外でも同様に真摯に受け止められることを教えます。「私たちは子供たちと何度も外に出かけます。例えば、アイスクリーム・パーラーに。このために、私たちはタブレット・パソコンに特別なシンボルを入れています。子供たちはそうすると、何が欲しいかを示すことができ、「ブルーエンジェル」のアイスが欲しいと言います。子供たちは自分が欲しいものを実際に手渡されるとき、わくわくします。このようにして、アイスクリーム・パーラーの店主でさえ、療法の一部になります。」世間一般の人々が、障害者が彼ら自身の決断を下すことができるという事実を受け入れることを学ばなければならない、とカンティンは信じています。「これが子供たちに、彼らが社会の一員であることを感じる必要があるという保証を与えます。」

[---Image_alt---] Sintje_Kantin
[---Image_alt---] IPad_Lilli

「コミュニケーションは人間の権利です」とLebenshilfeフライジング地区の教育と訓練部長、Hildegard Waldinger(ヒルデガルト・ヴァルディンガー)は言います。「コミュニケーションなしでは、人は普通の生活を送れません。」単純化された言語は、これを達成するための重要な援助です。